ブラックでも必ず審査が通るクレジットカードはある?【延滞中・債務整理後の人必見】

クレジットカードを持っていないと何かと不便ですよね。
でも、信用情報がブラックの場合、クレジットカードを作るのが難しいのが現実です。

そこでこちらでは、ブラックでも審査に通るクレジットカードはあるのかといったテーマについてお話していきたいと思います。

延滞中や債務整理後の人などは、ぜひ参考にしてみてください。

必ず審査が通るクレジットカードってあるの?

必ず審査に通るクレカは?
クレジットカードを作りたい。
でも自分はブラックだと思うから、きっと作れない。
必ず審査に通るクレジットカードがあるなら誰か教えて欲しい……。

このように思っている人もいるかもしれませんね。

結論から申し上げると絶対審査の通るクレジットカードというのは存在しません。

「絶対」と言うと、どんなに超ブラックの人でも通るという理屈になってしまうからです。

まずは、そもそもブラックとは何なのか、なぜクレジットカードの審査に通らない人がいるのかという点から見ていくことにしましょう。

信用情報って何?

ブラックの説明をする前に、まずは信用情報についてお話しておきます。

信用情報とは、私たちがクレジットカードやカードローンなどに申し込みをしたり、借り入れをしたり、返済をしたりした履歴の事を言います。
クレジットカードにおける信用情報は、クレジットヒストリー(クレヒス)などとも呼ばれます。

この信用情報が登録されている機関が「信用情報機関」です。
現在、日本には3つの信用情報機関があり、それぞれクレジットカード会社や銀行、消費者金融、携帯電話会社、信販会社などが加盟しています。

この信用情報で何が分かるのかというと、どこの金融機関からいつ、いくら借り入れをして、しっかり返済しているか、延滞はしていないかなどという情報です。
また、自己破産や任意整理などの債務整理の情報も登録されます。

延滞が多い場合にはもちろん金融機関からの信用は低くなり、「この人は返済能力がない」と思われてしまいます。
また、たくさんの金融機関に一度に借り入れなどの申し込みをした場合には「どうしてもお金を借りたいのかな? それほどお金に困っているのかな?」などと勘繰られてしまうかもしれません。

では、信用情報機関に借入の情報が全く無ければ良いのかというと、実はそれもかえってマイナスに働いてしまいます。
信用情報が全く無いと返済能力の有無を判断することが難しくなるなどの理由から、かえって審査に悪影響を及ぼすことがあるのです。
信用情報が全くない状態を「スーパーホワイト」などと呼ぶこともあります。

この信用情報は、クレジットカードやカードローンの審査時には必ずチェックされます。
審査時に好印象となるのは、クレジットカードをコンスタントに利用し、毎回しっかりと支払いしている状況。
「これだけ利用してもしっかりと支払いできている。この人は返済能力がある」と判断してもらうことができ、審査時に有利になることが多いでしょう。

ブラックってどんな状態?

クレジットカードやカードローンなどのサイトを見ていると「ブラック」「ブラックリスト」という言葉を耳にする機会も多いのではないかと思います。
ブラックリストというものが存在し、借金の返済が遅れたり自己破産をしたりするとそのリストに載ってしまう、などというふうに解釈している人もいるかもしれませんが実は「ブラックリスト」というリストは存在しません。

では、どんな人がブラックなのかというと「金融事故」を起こした人がブラックに該当します。

金融事故と言われるのは、以下のような事柄です。

・クレジットカードやカードローンなどを長期延滞した
・自己破産などの債務整理をした
・保証会社に借金を代位弁済された
・携帯電話の分割払いの支払いを延滞した、など

金融事故を起こすと信用情報に「異動」という情報が載り、この異動が記録されている状態が、俗にいう「ブラック」なのです。

ブラックでも作れるクレジットカードはある?

ここまで見てきて分かる通り、ブラックとは金融事故を起こしている人を指します。
クレジットカードの審査時には信用情報が必ずチェックされますから、「この人は金融事故を起こしている」ということが必ずバレてしまうということになります。

自分がお金を貸す側になることを想像してみてください。

金融事故を起こしている人に、お金を貸すでしょうか?
他の金融機関の借金を延滞したり自己破産したりしているのですから、自分がお金を貸しても返してもらえそうにないのは明らかですよね。
喜んでお金を貸す人はまずいないはずです。

このように、「返済能力がないだろう」「返済してくれないだろう」と判断されてしまうことが、ブラックの人がクレジットカードの審査に落ちてしまう大きな理由の一つなのです。

ですから、必ず審査に通るクレジットカード、ブラックでも絶対作れるクレジットカードは、まずないだろうというのが現実でしょう。

目次に戻る

借金踏み倒しの過去があるけれどクレジットカード作れる?

踏み倒してもカード作れる?
借金を踏み倒してしまったとなると、その情報は必ず信用情報機関に載っているはずです。
つまり、ブラックの状態になっていることが考えられます。

この踏み倒しによる事故情報(異動)は、以前は一定期間で消えていたという情報もありますが、最近では異動の情報を金融機関側が更新をするケースが多くなったため、そのまま踏み倒した記録(異動)が残っていることが多いようです。

「踏み倒している=延滞を続けている」ということになりますから、その情報は基本的にはずっと消えません。
金融機関や信用情報機関によって対応が異なる可能性もありますが、踏み倒しをした人はブラックのままになっているケースが大半です。

つまり踏み倒しをしている場合、作れるクレジットカードはまずないと思っておきましょう。
クレジットカードを作りたい場合にはまず借金を完済し、それからということになりそうですね。

目次に戻る

滞納者でも作れるクレジットカードってあるの?

滞納者でもカード作れる?
滞納者でもクレジットカードを作れるのか、気になるところではないでしょうか。
詳しく見ていくことにしましょう。

ブラックになっているかいないかが分かれ道

一口に「滞納」と言っても、その期間が重要となります。
うっかり返済を忘れていて数日後に返済をしたという程度の滞納ならば、信用情報機関に異動の情報が載っていないことが考えられます。

例えば信用情報機関の一つ「CIC」の場合、きちんと返済されている月には信用情報に「$」マークが表示されるのですが、利用者の都合によって返済が遅れると「A」マークが付きます。
このAが1つ付いただけで、即ブラックになるわけではありません。
しかし、2~3ヶ月以上の延滞があると「異動」が記録されてブラックとなるため、続けて3つ付いていたらすでにブラックになってしまっている可能性もあります。

滞納があってAマークが一つついていても、クレジットカードが作れる可能性はあります。
Aマークがついているだけか、異動が記録されてしまっている(ブラックになってしまっている)か。
それが、クレジットカードが作れるか作れないかの分かれ道となりそうですね。

異動情報が消えていればクレジットカードが作れることも

基本的には延滞中でも作れるクレジットカードというのは無いため、返済が終わっていない、異動情報が消えないという状態で作れるクレジットカードは無いと思っておきましょう。

しかし、長期の延滞で信用情報に異動が載ってしまった場合でも、返済が終わってから5年程度が経過すると異動情報は信用情報機関から消えることが多いです。
消えるまでの期間は信用情報機関や金融機関によっても異なって来ますが、5年前後であることが多いようです。

もし借金を延滞していた時の異動情報がすでに信用情報機関から消えているならば、またクレジットカードを作れる可能性はあるでしょう。

信用情報を確認してみよう

とはいえ、いつからブラックになっているのか、返済が済んでからどのくらい経っているのか、はっきりと覚えている人はあまりいないのではないでしょうか。
自分がブラックかどうか知りたい人は、各信用情報機関に対して「信用情報の開示」を行ってみるのも良いと思います。

CIC、JICCに関してはインターネットで開示ができるほか、郵送や窓口でも開示が可能です。
JBAでは郵送による開示のみとなります。

いずれも開示にかかる手数料は1000円程度。
そのほかに定額小為替証書の代金などがかかりますが、3社で開示を行っても数千円で済みますから、気になる場合には一度開示を行ってみるとよいでしょう。

目次に戻る

債務整理中でもクレジットカードは作れる?

SOS
債務整理とは、自己破産や任意整理、個人再生などを指します。
債務整理の種類によって信用情報機関に異動が登録しされる期間は異なりますが、5年~10年程度は異動情報が消えないと思っておきましょう。

任意整理や個人再生でも作れるクレジットカードってある?

債務整理をすると信用情報機関に異動が登録されてしまうため、基本的には債務整理者でも作れるクレジットカードは無いということになります。

しかし、口コミなどをチェックすると「債務整理中だけどクレジットカードが作れた」などという噂をちらほらと目にします。
これはどういうことなのでしょうか?

債務整理中の人にクレジットカードを発行しないというのは、あくまでも金融機関側の判断となります。
お金を返せずに債務整理をすることになったという情報だけを見ると、やはり通常はあまりお金を貸したくないのが本音でしょう。
しかし、債務整理中だからクレジットカードを発行してはいけないという決まりがあるわけではありません。

ですから、何らかの理由で金融機関側が「この人なら支払い能力がある」と判断をすれば、債務整理中であってもクレジットカードが発行される可能性はゼロではないようです。

目次に戻る

多重申し込みでも作れるクレジットカードってあるの?

多重
多重申し込みとは、短期間に何社ものクレジットカードやカードローンなどに申し込みをしている状況のことを指します。
延滞や債務整理などをしたわけではないですし、一見問題なさそうに感じますよね。

しかし金融機関やクレジットカード会社からすれば、

「こんなに短期間でこれだけの申し込みをするなんて、もしかしたらどこの審査にも通っていないのではないか」
「よほどお金に困っているのではないか。クレジットカードを発行したら、踏み倒されるのではないか」

という危機感を持ってしまっても無理はありません。

多重申し込みをしている状態のことを、「申し込みブラック」などと呼びます。
一般的に申し込みブラックの状態の場合には、クレジットカードの審査に落ちてしまうケースが多いでしょう。

しかし、絶対に審査に通らないとは言い切れません。
その他の信用情報や属性などを見て総合的に判断した結果、金融機関側が大丈夫だと判断すれば、クレジットカードが発行されることもあるでしょう。

あくまでも個々のケースによる金融機関側の判断となるため、どこのカードなら多重申し込みでもクレジットカードが作れるということは一概には言い切れません。

目次に戻る

無審査クレジットカード発行のクレジットカード会社はある?

無審査クレカはあるのか
クレジットカードを発行する際には、必ず審査が行われます。
ときどき、審査が甘めのクレジットカードのことを「あのクレジットカードは無審査だ」などと噂することがありますが、これはあくまでも審査が甘いことに関する例え話でしかありません。
まともなクレジットカード会社で、「無審査クレジットカード発行」などということは絶対にありえません。

このような噂を聞くとつい鵜呑みにしてしまう人もいるかもしれませんが、やはりクレジットカードを発行するためには返済能力をチェックする必要がありますから、しっかりと審査が行われるのです。

ちなみに、クレカのような機能を持ったバンドルカードであれば無審査で発行できます。
クレジットカードさながらの使い方ができますが、厳密には「プリペイドカード」というくくりになるので、気になる方はこちらから詳細を確認してみてください↓

目次に戻る

ブラックのクレカ取得に関するさまざまな話題

頭を抱える男性
これまでお話してきた以外にも、ブラックの人がクレカを取得することに関する情報をこちらにまとめてみました。

ブラックの人がクレカの審査に通ることはある?

先ほどからお話している通り、ブラックの場合にはクレジットカードの審査に通ることはまずないと言えます。
しかし、それでも口コミなどで「ブラックなのにクレジットカードが作れた」という情報を見かけることもあるでしょう。
これらの口コミには嘘のものもまぎれている可能性はありますが、全てが嘘とは言い切れないようです。

「ブラック」のなかにも、人それぞれ程度があります。
今まさに延滞しているのか、既に返済が終わっているのか、借り入れ件数が多いのか、新規で申し込みをしまくっているか……などさまざまでしょう。
そして、それぞれに属性も違ってきます。

ブラックなのにクレジットカードが作れたという人は、まだ異動情報が残っているけれど既に延滞が解消しているという人や、属性が良い人である可能性が高いと言えるでしょう。

ブラックの人がクレカを作りたいなら2chの情報を参考にするのも手

2ch(5ch)では、クレジットカードやカードローンなどに関するさまざまなスレッドが立てられています。
それらのスレッドからは、公式サイトでは知り得ないような情報を得られる可能性もあるでしょう。

例えば、このような属性でこのような延滞履歴、借り入れがあり、○○のクレジットカード可決、否決などという情報を得られる可能性があります。
5chでは顔や名前も分からない分、属性や体験などを赤裸々に語っている人が多いですから、信憑性の高い情報に巡り合えるかもしれませんよ。

ただし、その匿名性ゆえに、嘘の書き込みをしている人がいないとも限りません。
一つの情報を鵜呑みにするのではなく、複数の情報を総合して判断しましょう。

ブラックの人がクレカを作成するために注意したいことは?

ブラックといっても超ブラックなわけではないし、属性も比較的良い、という人は、クレジットカードの審査に挑戦したいと考えているかもしれませんね。

ブラックの人がクレカに可決するためには、まずクレジットカードの申し込み条件などをチェックしましょう。

年齢や安定した収入のほかに条件が設けられていないものを選ぶ
ブラックでも審査に通った、他社で落ちたけど通ったという口コミが多いクレカを選ぶ

などをおすすめします。

例えば、消費者金融アコムが取り扱う「ACマスターカード」は、審査に通ったとの口コミも多いクレジットカードです。
興味のある方は、こちらの解説記事を読んでみてください。

アコムACマスターカードの審査徹底解説!審査落ちしない方法とは

2015.11.09

申し込み条件の厳しいクレジットカードを選んでしまうと、否決になり申し込み情報が無駄に信用情報に登録されてしまうことになりかねません。
もちろん、ブラックの人が申し込み条件の厳しくないクレジットカードに申し込んだからと言って可決するとは限りませんので、その点は十分に注意してくださいね。

クレジットカードがどうしても厳しいという場合には、デビットカードを作るというのも一つの手かもしれません。
デビットカードは口座に現金が無いと使えませんが、手元に現金が無いけれど口座にならあるという状況の時には便利に使えます。

また、今も延滞が解消していないというケースでは、クレジットカードを作るのは非常に難しいと考えられます。
まずは一日も早く延滞を解消するようにしましょう。

目次に戻る

ブラックでも審査に可決するクレジットカードはあるかについてお話してきました。

基本的には、ブラックでクレジットカードを作るのは難しいでしょう。
ただし、ブラックにも程度がありますし、クレジットカードの審査に可決するかどうかは金融機関側の判断なので、絶対に作れないとは言い切れません。

やはり確実なのは、信用情報から「異動」が消えたのを確認してからクレジットカードを作ることだと言えます。
まだ延滞が解消していない場合には、一日も早く延滞を解消するようにしましょう。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※J.Score(ジェイスコア)の契約日の翌月まで利息キャッシュバック特典は5月22日にサービス終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です