クレカ(クレジットカード)で公共料金の支払いをするとポイントがお得!でも、そのメリット(利点)、デメリット(不利点)、リスクはご存知ですか?

クレカ(クレジットカード)で公共料金を支払う一番のメリットとは何でしょうか?

皆様も、日常生活で電気・ガス・水道・電話料金などといったインフラを利用して生活をしているかと思われます。

当然のことながら、そうしたインフラは無料ではなく、お金を支払って利用しているのです。

もちろん、そうした公共料金を節約するのも大事ですが、電気などは使わざるをえませんので、全く払わないというわけにもいきません。

そのため、毎月公共料金を支払っていく必要がありますが、毎月の支払いを簡単にするためにもクレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。

即日でクレジットカードが発行できて、キャッシング機能も便利なACマスターカードや、ポイントサービスが充実している楽天カードが便利なカードとして注目を集めています。

そういったクレジットカードを持っておけば、公共料金の支払いをクレカ払いに切り替えることが可能です。

下記には公共料金をクレカ払いにするとどういったメリットがあるかについて解説していきますので、ぜひご参照ください。

クレジットカードなら支払額に応じてポイントがゲットできる

クレジットカードによる公共料金の支払いで一番のメリットとしては、ポイント還元が受けられることです。

現金支払いで公共料金を支払っている方はお気づきかもしれませんが、普通のポイントカードですとポイントが貰えません。

コンビニなどで公共料金が支払えるようになった分昔よりも便利になったといえますが、ポイントがないのは少し物足りないといえるでしょう。

一方、ポイントサービスが充実している楽天カードを利用すれば、ポイント還元が受けられるのです。

 

楽天カードはポイントサービスが充実しており、還元率も1%と他の会社より高いクレジットカードです。

そのため、毎月の公共料金の支払いをクレジットカード払いに切り替えるだけでも1%分の還元ができます。

水道光熱費の平均がおよそ20,000円程度で、これに携帯電話料金などを加えれば毎月30,000円程度の公共料金を払うことになるでしょうか。

30,000円を12ヶ月支払うわけですから、年間約36万円支払うことになります。

この36万円を楽天カードで支払っていけば、3,600円相当のポイントが貯まるのです。

貯まったポイントは豊富な商品が購入できる楽天市場や、国内・海外の旅行に役立てる楽天トラベル、書籍・DVD・ゲームが購入できる楽天ブックスなどの支払いで利用できますので、お得に利用できます。

楽天市場には金券ショップも多数出品しており、楽天市場で購入した金券を換金すればポイントを現金化することも可能なのです。

公共料金を節約しつつ、楽天カードで支払えば家計の支えとなりますので、ぜひご利用をご検討されては如何でしょうか。

基本的に楽天カードはショッピングの支払いや公共料金の支払いなどをするとポイントが還元率1%で貯まっていきます。

それに加え、楽天カードは入会特典として入会するだけで5,000円〜8,000円相当のポイント(キャンペーンによって変化)を入手することができるのです。

また、楽天市場を始めとする豊富な楽天サービスの支払いだと還元率が倍増するキャンペーンなども随時行っております。

公共料金の支払い以外にも様々な場面で楽天ポイントは貯まっていきますので、ぜひ楽天カードを利用しましょう。

btn_shosai_rakutencard

支払日が毎月決まっているので何度も口座に振り込む必要がない

公共料金と一口に言っても、電気・水道・ガス・携帯電話など多岐に渡ります。

そのため、支払いの度に銀行口座に振り込んだり、コンビニなどに足を運ぶ必要がありますが、これが中々面倒なのです。

面倒なだけでなく、うっかりと支払日を忘れていて公共料金を延滞していたなんてこともありえます。

クレカ払いで公共料金を支払えば、公共料金の支払いをカードの引き落とし日にしてしまえば全て一括で支払うことが可能になるのです。

クレジット料金の支払いをしっかりとしていれば、公共料金の支払いが自動で行うことができますので、支払いの手間もなくなります。

アコムのACマスターカードでしたら即日発行ができますので、すぐに公共料金の支払いに関してもクレカ払いになりますので、早めに切り替えてみては如何でしょう。

btn_shosai_acmastercard

利用明細書があれば支払いの管理が簡単で楽になる

現金で公共料金を支払っていても、残るのは領収書だけですので、自分で支払った金額の管理をするのが面倒です。

ですが、アコムのACマスターカードや楽天カードでしたら利用明細書が発行されるため、自分の支払い状況を管理しやすくなっています。

利用明細書が郵送で送られてくれば他人に自分の利用状況が知られてしまうと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、ご安心ください、ACマスターも楽天カードも電磁交付(インターネット交付)に切り替えることが可能ですので、周囲の人々に見られることがありません。

スマートフォンなどで閲覧が出来るためプライバシー保護に関しても安心で、家計の管理もしやすくなります。

こういった点でも公共料金のクレカ払いにはメリットがあるので、ぜひACマスターカードや楽天カードを発行してみてください。

クレジットカードで支払うことが可能な公共料金はどんなものがありますか?

こちらでは、クレジットカード支払いが可能な公共料金にはどのようなものがあるかを大まかに挙げていきます。

幅広い料金の支払いがクレカ支払いできるという点がご理解いただければ幸いです。

◯電気料金

日本には各地方に電力会社があり、そのほとんどでクレカ支払いが可能です。

北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、四国電力、中国電力、九州電力、沖縄電力など主要な10社はいずれもクレカ支払いを受け付けております。

電気料金に関しては、ほぼ全てがクレカ払いができると考えてよろしいでしょう。

◯水道料金

水道会社は電気会社より多く、地方ごとに様々な会社・水道局があるのですが、やはりほとんどの会社でクレカ支払いを受け付けております。

東京都水道局を始め、各都道府県、市町村などあらゆる水道会社でクレカ支払いが可能ですので、ぜひクレジットカードを作成しましょう。

◯ガス料金

ガス会社に関しても全国的に多数の会社がありますが、そのほとんでクレカ支払いが可能です。

東京ガス、京葉ガス、大阪ガス、中部ガス、北海道ガス、仙台ガス、四国ガスなど多くの会社でクレカ支払いを受け付けておりますのでぜひ切り替えましょう。

◯固定電話・携帯電話・プロバイダなど通信料金

多くの方が携帯電話やスマートフォン、PCを利用しており、インターネットに接続しているかと思われます。

電話料金もそうですが、プロバイダ会社への支払いなども公共料金と考えてよろしいでしょう。

固定電話でしたらNTT東日本・西日本、KDDI、ソフトバンクテレコムなど大手会社ではほとんどクレカ払いを受け付けます。

携帯電話料金も、au、docomo、SoftBankといった大手携帯会社でしたらクレカ払いが可能です。

プロバイダ会社もYahoo!BB、ぷらら、BIGLOBE、OCNなど多くのプロバイダ会社がクレカ払いを受け付けております。

◯放送料金・新聞料金

放送料金として代表的ともいえるのはNHKの通信費でしょうか。

そういったテレビや新聞などの料金も支払うことが可能です。

特にNHKの通信費ように関してはクレジットカードで一括支払いをすると値段が安くなったりもします。

NHKのほか、スカパー!やWOWOWなどもクレカ支払いが可能です。

また、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞など各新聞会社もクレカ対応しておりますので、ぜひ切り替えましょう。

以上で説明しましたように、各公共料金の支払いはほとんどクレジットカード支払いが可能です。

実を言えば、公共サービスを提供している会社としても、クレジットカード支払いの方が確実に料金を支払ってもらえることから、クレカ支払いを奨励していきたいところなのです。

そういった事情もあり、一括払いをすると減額してくれたりするサービスを行う会社もありますので、ぜひ公共料金はACマスターカードや楽天カードなどで支払っていきましょう。

 

クレジットカードで公共料金を支払うときのデメリットは何でしょうか?電気料金だけは例外!

上記ではクレジットカードで支払うことをオススメしてきましたが、若干ながらクレカ支払いにもデメリットがあります。

とはいえ、大したデメリットでもないのですが、一応知っておいたほうがよろしいでしょう。

こちらではクレジットカードで公共料金を支払うときのデメリットについて解説していきます。

◯電気料金の割引が受けられない

実は、電気料金は口座振替で支払うと料金が割引になるサービスがあるのです。

主要10社のうち、東京電力、関西電力、中部電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力の7社がこのサービスを行っております。

そのため、この7社を利用している方は、クレジットカード支払いだとこうした割引サービスが利用できないというのがデメリットです。

ただ、口座振替の割引額は毎月54円と低い金額で、年間でも648円しか割引されません。

クレジットカード支払いの利便性も考えますと、648円以上の価値は絶対にありますので、特にデメリットに感じることはないと思われます。

また、ポイント還元率が1%と高い楽天カードでしたら、年間で648円以上のポイントを得ることが十分可能です。

電気料金の支払いは年間で13万円程度が平均額となりますが、還元率1%の楽天カードでしたら年間で1,300円相当のポイントが入手できることになります。

つまり、口座振替割引サービスでお得になる648円のほぼ倍の楽天ポイントが入手できるのですから、楽天カードで支払ったほうがお得です。

このように、ポイント還元率が高い楽天カードでしたらお得になりますので、ぜひクレカ支払いをしましょう。

 

◯支払っているという感覚がなくなり、水道・光熱費を浪費してしまう

クレジットカード支払いだと支払っているという感覚がなくなってしまい、浪費につながるというのもデメリットといえばデメリットです。

しかしながら、先ほども説明しましたように、クレジットカードは利用明細などで支払の管理がしやすくなっております。

そのため、きちんと支払額を管理していればそうした浪費につながることもありません。

スマートフォンなどで簡単に確認できますので、思い出した時に確認するようにしておけばよろしいので、大したデメリットともいえないでしょう。

以上で説明しましたように、クレジットカード支払いにはデメリットがあるものの、大したデメリットではありません。

むしろ、クレジットカード支払い以外の方法を選ぶ方がデメリットが多いといえますので、ぜひクレカ支払いに切り替えましょう。

クレジットカードで公共料金を支払った場合のリスクは何でしょうか?

クレジットカードで公共料金を支払うことについて、一つだけ注意していただきたいリスクがありますので、最後にご説明します。

クレジットカードの支払いやキャッシングの返済を怠ったりするとそういった情報が信用情報機関に残ってしまうことはご存知でしょうか。

延滞の情報が信用情報機関に残っていますと、他のローンサービスやクレジットカードの審査において著しく不利になってしまうのです。

公共料金の支払いを滞納したという情報は信用情報機関には残りませんが、クレジットカード支払いを延滞してしまえば信用情報機関に残ります。

つまり、クレジットカードで公共料金を支払っている場合、その支払いを延滞してしまえばその情報が信用情報機関に残ってしまうのです。

自動車ローンや住宅ローンはもちろん、他のクレジットサービスやキャッシングサービスの審査において、延滞情報があるとかなり不利になるというリスクが、クレジットカード支払いにはあります。

そのため、クレジットカードで公共料金を支払うのでしたら、絶対に延滞しないように利用していきましょう。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※J.Score(ジェイスコア)の契約日の翌月まで利息キャッシュバック特典は5月22日にサービス終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です