学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)のクレカ(クレジットカード)の作り方・作成方法を紹介!

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)がクレカ(クレジットカード)申込みは社会人とは記入する項目が異なる?

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)というと、まだ社会人でないのでクレカ(クレジットカード)を作ることが出来ないというイメージをお持ちの方が多いかと思われます。

ですが、実際には学生の方も利用条件が満たせていればクレカ(クレジットカード)の審査に通過でき、作成することが可能です。

楽天のクレジットカードである『楽天カード』は18歳以上(高校生は不可)から利用することが認められているカードですので、学生の方も多く利用しています。

クレジットカードが1枚あれば楽天市場やAmazon(アマゾン)、ヤフーオークションなど様々なショッピングの支払いなどに活用することが可能です。

特に楽天カードはポイントサービスが充実しているクレジットカードで、ポイント還元率1%と非常に高い還元率となっております。

そのため、通販の支払いなどでの利用でポイントがどんどん貯まっていきお得ですし、入会するだけでも特典として5,000円〜8,000円相当のポイントが入手できるため、学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方もぜひお申し込みください。

btn_shosai_rakutencard

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)というと、まだ社会人でないため、利用条件なども厳しくなっていると思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、楽天カードでは学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)だからといって、特に利用条件に違いはみられません。

楽天カードの利用条件として挙げられているのは「18歳以上(高校生を除く)で安定した収入がある」という内容です。

高校生以外の学生、つまり大学生、大学院生、専門学校の専門学生、短大生といった方々でしたら、社会人と特に変わらない条件となります。

そのため、申込み書類で記入する内容にも特に変化がないため、学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方も安心してお申し込みください。

btn_shosai_rakutencard

なお、楽天カードと同じく、アコムのACマスターカードも利用条件が満たせていれば学生の方も利用できるクレジットカードです。

アコムのACマスターカードの利用条件は「20歳以上で安定した収入を確保している」という条件となっております。

楽天カードに比べれば年齢制限が2年の差があるものの、20歳を超えていれば大学生、大学院生、専門学校の専門学生、短大生の方が利用可能です。

学業と両立できる程度のアルバイトでも構いませんので、月々の収入を安定させたうえで、申し込みましょう。

アコムのACマスターカードはなんといっても即日発行できる点が魅力的で、そのうえキャッシング機能も便利です。

もちろん、楽天カードと同じく、インターネットショッピングなどで便利に利用していくことができますので、ぜひACマスターカードへのお申し込みもご検討ください。

btn_shosai_acmastercard imasia_10961433_XL

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)でもクレカ(クレジットカード)審査に通過することはできる?

上記でも説明してきましたように、楽天カードやACマスターカードは学生の方も便利に利用することが可能なクレカ(クレジットカード)です。

ただ、どちらのカードも利用していくにあたっては、クレカ(クレジットカード)審査に通過しなければなりません。

クレカ(クレジットカード)審査なんて聞くと厳しいイメージがあって怯んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、利用条件が満たせていれば大丈夫ですので、ご安心ください。

下記では学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)でもクレカ(クレジットカード)審査に通過できる方法について、冒頭で紹介した楽天カードを元に解説します。

btn_shosai_rakutencard

楽天カードの利用条件は「18歳以上(高校生不可)で安定した収入がある」です。

この時点で、大半の大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生の方は年齢制限はクリアできていると思われます。

そうなりますと、大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生の方にとって審査で重要なポイントとなるのは「安定した収入がある」という条件を満たせるかという点になるでしょう。

さて、利用条件にある「安定した収入」なんて聞きますと、正社員として毎月給料を貰わなくてはと考える方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、正社員として毎月収入を得ていれば審査ではかなりのアドバンテージとなりますが、別に正社員であることが必須というわけではないのです。

アルバイトや派遣といった、いわゆる非正規雇用で働いている方でも、シフトを調整すれば月々の収入を安定させることが可能です。

大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生といった方々は、学業と両立できる範囲内で構わないので、アルバイトや派遣といった仕事を始めて収入を安定させましょう。

以上のような対策をとっておくことで、審査に通過する可能性は高くなりますので、ぜひ楽天カードへお申し込みください。

btn_shosai_rakutencard

なお、未成年の方には一つだけ注意点があります。

楽天カードは18歳以上の方から利用できますので、未成年の方でも利用が可能です。

ただ、未成年の方の場合は親権者の同意が必要となってきます。

そのため、楽天カードへお申し込みの際には、ご両親といった親権者の方に相談してから申し込みましょう。

なお、楽天カード以外にも未成年者が利用できるクレジットカードはありますが、どのカードも親権者の同意を必要とすることが多いです。

未成年の方はその点だけ注意して、あとは安定した収入を得るということを意識してお申し込みください。

imasia_10957952_XL

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)のクレカ(クレジットカード)利用は家族カードを利用するという手段もアリ!

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の中には、アルバイトなどを始める時間的余裕がないという方もいらっしゃるでしょう。

学業はもちろんボランティア活動やサークル・部活動などに専念したいため、アルバイトはしたくないという方も多いはずです。

しかしながら、先ほども説明しましたように、クレカ(クレジットカード)審査に通過するためには安定した収入を確保する必要があります。

こうなりますと、クレカ(クレジットカード)を作るために嫌々ながらアルバイトをしなければならないと思われるかもしれません。

ご安心ください、学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方がアルバイトをしなくてもクレジットカードを利用する方法があります。

クレジットカード会社の中には家族カードという、家族で共有してクレカ(クレジットカード)を利用していくというサービスを行う会社もあります。

楽天カードも家族カードサービスを行っており、本会員の家族の方にカードを発行することが可能です。

この家族カードサービスを使えば、本人に収入がなくても、本会員に収入があれば問題がありません。

従って、この家族カードサービスを利用すれば、学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方もアルバイトすることなくクレカ(クレジットカード)を利用できます。

なお、楽天カードは家族カードの利用でもポイントが加算されていきますので、非常にお得です。

ご家族の中に楽天カードを利用している方、もしくは利用を検討中の方がいらっしゃるのでしたら、ぜひ家族カードサービスのご利用も検討してみてください。

btn_shosai_rakutencard imasia_10961429_XL

クレカ(クレジットカード)審査がなかなか通らないならば、審査が通る可能性が高いものに申込みをして、本命のためにクレジットヒストリーを積むという選択肢も

上記では各会社の利用条件が満たされていれば、クレカ(クレジットカード)審査に通過できると説明してきました。

ですが、クレジットカードの審査において利用条件を満たしているか否かという点は非常に重要ですが、何もそれだけで審査結果が決まるというわけではありません。

こちらでは別方面から審査に通過する可能性を高める方法について解説しますので、審査に落ちてしまった方や不安な方はぜひご参考にしてください。

クレジットカードというのは、利用すれば利用するだけ履歴が残ります。

ここでいう履歴というのは「何月何日に、何を買った」というプライバシーに関する情報のことではありません。

その人物が今までどれくらいクレジットカードを利用してきたのか、審査に通過してきたのかというその人物の信用度を確認できる情報が履歴として残るのです。

このような信用度を確認できる情報のことを『クレジットヒストリー』といいます。

つまり、他社のクレジットカードを利用して、クレジット支払いなどをきちんと残っていると良好なクレジットヒストリーが残ることになるのです。

このクレジットヒストリーが良好だと、審査において大きな強みとなりますので、審査に通過する可能性が高くなります。

以上のことから、本命のクレジットカードを作成する前に、他の審査に通る可能性が高いカードに申し込みをしておくという選択肢もあるのです。

年会費が無料で、アルバイトやパートでも審査に通過しやすいクレジットカードをお探しのうえ、クレジットヒストリーを積み上げてみましょう。

そうすることで、本命のクレカ(クレジットカード)審査に通過する可能性が高まります。

imasia_10957236_XL

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)におすすめのクレカ(クレジットカード)は?

こちらでは、学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方におすすめのクレカ(クレジットカード)の情報についてまとめます。

大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生の方の中で、クレカ(クレジットカード)の利用を検討している方は、ぜひご参考にしてください。

◯楽天カード

楽天カードは18歳から申し込めるため、学生の方も申し込みやすいクレカ(クレジットカード)となります。

さらに、ポイントサービスが充実しており、入会特典で5,000円〜8,000円相当のポイントが入手できるという点も魅力的です。

また、通販サービスである楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなど楽天サービスで利用しますと、ポイント還元率が倍増するキャンペーンなどもあります。

学生も審査に通過できるというだけでなく、お得に利用できるという点でもオススメですので、ぜひ楽天カードへのお申し込みをご検討ください。

btn_shosai_rakutencard

◯アコムのACマスターカード

消費者金融アコムのクレジットカードであるACマスターカードは、なんといっても即日発行が可能という点で他社を圧倒しております。

また、キャッシングサービスも便利で、ACマスターカードを発行すれば即日キャッシングも可能です。

アコムは最初の30日間のキャッシングを無利息とする『無利息キャッシングサービス』も行っており、非常にお得に利用できるという強みもありますので、ぜひご利用をご検討ください。

btn_shosai_acmastercard imasia_10956252_XL

クレカ(クレジットカード)を利用する学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)が注意すべきポイントは?

クレカ(クレジットカード)は学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方も便利に利用していけますので、積極的にご利用ください。

ただ、一点だけ注意すべきポイントがありますので、最後にお節介ながら注意すべきポイントについて解説させていただきます。

◯使いすぎにご注意を!

これは私の体験談のような話なんですが、クレカ(クレジットカード)を初めて利用すると、非常に便利で快適なことに驚くのです。

最近では通販サービスも代引きだと手数料が取られる、もしくは代引きが認められていないなんてこともありますので、ほとんどクレジットカードが必須のようになっています。

そのため、私もクレジットカードを作ってみたのですが、最初は気をつけていたのですが、3ヶ月程度経ちますとその意識が薄れてきて、つい使いすぎてしまうなんてこともあるのです。

クレジット支払いというのは滞らせてしまいますと、その情報もクレジットヒストリーのように残ってしまいます。

そうなりますと、他のローンサービスなどの審査において不利な立場に立たされてしまうこともあるのです。

大学、大学院、専門学校、短大を卒業した後、ローンを利用しようとしたのに審査に落ちてしまったなんてことになったら目も当てられません。

せっかくクレジットカードを発行するのですから、積極的に利用していくのはよろしいでしょう。

ですが、計画的に利用していかなければならないのは言うまでもありません。

無計画に使いすぎて支払いを滞らせるなんてことだけはないようにお気をつけください。

imasia_10933589_XL

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※J.Score(ジェイスコア)の契約日の翌月まで利息キャッシュバック特典は5月22日にサービス終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です