低金利、JAバンクのローン【カードローン、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン】のサービス内容、審査基準を解説します!消費者金融・銀行とどちらがお得?

自動車購入や教育費など使い道自由なオススメのカードローン!

最短1時間で利用が可能になり、30日間の無利息キャッシングサービスもあるアコム!

btn_shosai_acom

誰にも知られることのないWEB完結申込みが便利なSMBCモビット!

金利の低さとスピードの速さを兼ね揃えている三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』!

btn_shosai_banquick

JAバンクのカードローンのサービス内容、審査を解説します!

JAバンクというのは、主に農水産業に携わっている方などに対してサービスを提供している金融機関です。

東京都をはじめ、全国的に展開していますので、店舗を見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。

キャッシング会社のようにカードローンサービスや、住宅・自動車・教育に関する費用を借りる目的別のローンサービスを提供しています。

JAバンクは農水産業に携わっている人々同士で相互扶助をしていくという性格が強い金融機関なので金利などが低くなることが多いのです。

一方で審査基準などが厳しく、きちんと審査基準を満たしていないと審査に落ちてしまうということが多くなっています。

そんなJAバンクのカードローンのサービスや審査基準についてこちらでは解説していきますので、ぜひご参考にしてください。

JAバンクのカードローンのサービスは?

JAバンクのカードローンサービスは消費者金融などで利用できるカードローンと似たようなサービスです。

カードを使ってATMにおいて借入・返済の手続きを行いますので、全国各地の提携ATMなどでいつでも申し込むことができるというサービスになります。

JAバンクのカードローンサービスは地方によって金利が異なり、JA横浜は年9.200%〜11.600%、JAなごやは年7.600%〜10.000%となります。

このように全体として金利は低めな傾向にありますのでお得に利用していくことが可能です。

ただ、お得に利用していくことができますが後ほど説明する審査基準が厳しめなため審査時間が長くなる傾向にあります。

そのため、申し込んだ日に即日でキャッシングするということは難しいのです。

金利の低さでいえば魅力的なサービスなのですが、お金をすぐに借りたいという方にとっては即日キャッシングができる会社の方が適しているかもしれません。

一方で、消費者金融アコムでしたら、審査時間も最短30分となっており、審査時間も含め手続きにかかる時間が最短1時間となります。

最短1時間で借入が可能になりますので、借入を急いでいるという方には消費者金融系のアコムのサービスの方が適しているのです。

アコムの金利はJAバンクに比べますと高い設定になっているのですが、30日間無利息キャッシングなど金利面のサービスも行われています。

金利サービスも考慮にいれますと、アコムもお得に利用できる会社ですので、お急ぎの方はアコムのご利用もご検討ください。

btn_shosai_acom

先ほどJAバンクの金利設定は低めと説明しましたが、銀行系の三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』の金利も低くなっております。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』はインターネット申込みをすれば即日キャッシングも利用が可能です。

金利の低さやスピード面が優れているなどサービス面において強みを持ちますので、ぜひ三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』のご利用も検討してみてください。

btn_shosai_banquick imasia_10961433_XL

JAバンクのカードローンの審査基準は?

JAバンクの審査基準ですが、安定した収入を継続して得ていたり、20〜70歳という年齢制限を満たしている必要があります。

ただ、自分が住んでいる地区にあるJAバンクにしか申し込めないので、地区外にお住みの方は審査に通過できません。

また、JAが指定する保証会社の保証が受けられるかという点も審査基準となりますので、他のキャッシング会社の審査より厳しいといえます。

相互扶助を目的としているローンサービスなので、本当に必要と認められる人物でないと、審査に通過できないようになっているのです。

それに対して、消費者金融系のアコムでしたら「20〜69歳」という年齢制限と「安定した収入の確保」という条件を満たせていれば審査に通過できる可能性はあります。

もちろん、審査基準が満たせてないと判断されれば審査落ちしてしまいますが、きちんと条件を満たせていれば問題はありません。

安定した収入の確保という条件ですので、別にアルバイトや派遣社員といった職種でもシフト等を調整すれば満たすことはそう難しいことないはずです。

審査基準が満たせていれば最短30分で審査が完了しますので、やはりお金を借りることを急いでいるという方にはアコムの方がオススメとなっています。

以上の解説をまとめますと、下記のように言えるかと思われます。

・JAバンクは相互扶助を求めたサービスを行っているため、金利が低めである。
・カードローンに関しては消費者金融や銀行と同じく便利に利用できる。
・審査基準が厳しく、時間も長引く傾向にあるので即日キャッシングには向いていない。

JAバンクはやはり相互扶助を目的としたサービスですので、金利面の低さでいえばアドバンテージがあります。

農水産業に携わっている方で、いざという時の備えとしてカードローンの申込みをしておこうという方にオススメです。

ただ、スピード性などといった利便性では消費者金融や銀行系のサービスの方が優れているといえるでしょう。

当記事をご覧の方の中には、緊急の用件で現金を必要としているという方もいらっしゃるかと思われます。

アコムと三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は即日キャッシングが可能で利便性が高いので、お金を借りることを急いでいる方はぜひそちらをご利用ください。

btn_shosai_acom btn_shosai_banquick imasia_10957952_XL

JAバンクの住宅ローン、自動車ローン、教育ローンといった目的別ローンのサービス内容、審査を解説します

JAバンクはカードローンの他にも住宅・自動車の購入や教育関連費用を借りるといった目的別のローンサービスも提供しています。

カードローンで借りたお金は原則自由となっていますが、目的別のローンの場合、それぞれの目的に合わせたお金を借り入れることになるのです。

下記では住宅ローン、自動車ローン、教育ローンについてそれぞれに分けてサービス内容、審査基準について解説します。

JAバンクの住宅ローンのサービス内容と審査基準について解説します。

住宅ローンはその名前の通り、住宅の購入などの費用を借りることができるローンサービスとなります。

住宅に関しては新築・建売住宅やマンションなど様々な住宅プランにおいてお金を借りることができますので、住宅購入を自由に行えるのです。

金利に関しては固定変動選択制、変動金利性、固定金利制からいずれかを選択していくという方式となります。

例えば、JA東京中央では5年固定金利ですと年1.00%、変動金利ですと年0.775%という金利設定になりますが、プランを変更しますと金利も変わってきます。

JAの組合員だったりすると優遇措置などが取られますので、お得に利用していくことが可能です。

ただ、JAバンクは地域によって金利設定が異なっていますので、ご自身が利用する地域の金利については調べておきましょう。

返済方法や金利プラン、融資額などといったプランについてはJAバンクの担当者と話し合い、無理のない返済プランを立てることができます。

審査基準としては他の住宅ローンと同じく、安定した収入はもちろん、返済能力があるか否かという点が慎重に確認されます。

もちろん、融資額によって審査基準も異なってきますが、JAバンクの住宅ローンは10万円〜5000万円となっており、幅広いです。

融資額が大きければ大きいほど審査基準は厳しくなり、収入の金額なども影響してくることになるでしょう。

また、JAバンクは保証会社の保証が受けられないと審査基準を満たすことができないという点で厳しくなっています。

やはり高額な融資額となる住宅ローンの審査基準は厳しいので、それ相応の対策をしておくことが重要なのです。

JAバンクの自動車ローンのサービス内容と審査基準について解説します。

JAバンクは自動車ローンとして『マイカーローン』というサービスを行っております。

この『マイカーローン』では自動車やバイクの購入に充てるお金はもちろん、修理や車検、運転免許取得にかかる費用や車庫建設費用などにも使えます。

マイカーローンは自動車に関連することでしたら幅広い目的に対応していますので、便利なサービスとなっています。

融資金額としては500万円までとなっており、融資期間については半年から7年以内となっております。

金利については固定金利制と変動金利制のどちらかを選択していくという方式になります。

プランによっては異なってきますが例えば、店頭標準金利でJA東京中央で固定金利型ですと年5.925%、変動金利型ですと年4.975%となります。

住宅ローンと同じく、地域ごとに金利設定が異なりますので、ご自身が申し込むことになる地域のJAバンクの窓口などに問い合わせましょう。

審査基準に関しては、高額なキャッシングになりますので、審査基準は厳しめになることは否めません。

他にも利用条件として「18歳以上71歳未満」で「前年度税込年収が200万円以上」で「勤続年数が1年以上」という条件が挙げられていますので、満たしておく必要があります。

マイカーローンに関してもJAの定める保証機関の保証を受ける必要がありますので、より厳しくなるといえるでしょう。

ただ、金利面では非常にお得になっておりますので、ぜひ利用を考えていきたいのがマイカーローンです。

JAバンクの教育ローンのサービス内容と審査基準について解説します。

教育ローンという名前を聞くと、高校や大学などへの入学金や授業料といった学費に充てるお金を借りるサービスという印象を受けるかもしれません。

JAバンクの教育ローンは学費のみならず、学生の一人暮らしにかかってくる費用など、教育に関わってくる資金を幅広くサポートしてくれます。

また、借り入れるのは本人自身が借りることもできますし、お子さんやお孫さんのために借りるといった利用方法もあるのです。

返済に関しては卒業後から行っていくことも可能ですので、学生が卒業して社会人になってから返済していくことも可能となっています。

融資額については10万円〜500万円と幅広い金額を借り入れることができ、融資期間は最長で13年6ヶ月という設定です。

金利については固定金利型と変動金利型のどちらかを選択する方式となっており、担当者と話し合いながらプランを選択することができます。

プランによって異なりますが例えば、JA中央東京の金利設定は変動金利型ですと年2.775%、固定金利型ですと年3.650%となります。

住宅ローンやマイカーローンと同じく、地域ごとに金利設定が異なりますが、他の金融機関より金利は低めな傾向です。

審査基準はやはり厳しくなっており、前年税込年収が200万円以上など、審査基準が細かく設定されています。

そのうえで安定した収入を確保し、返済能力があることを示していかなければなりません。

また、教育ローンに関してもJAの指定する保証機関の保証を受ける必要があり、審査基準は厳しめとなります。

とはいえ、お子さんやお孫さんの教育に役立てるお金を低金利で借りることができますので、ぜひご利用頂きたいローンです。

imasia_10957300_XL

JAバンクの住宅・自動車・教育といった目的別ローンと消費者金融・銀行のカードローンはどちらの方がお得?

上記で説明してきましたように、JAバンクの住宅・自動車・教育に関する費用を借りることができる目的別ローンは低金利でお得に利用できます。

金利などの面では消費者金融・銀行のカードローンより低金利で借りることができますので、JAバンクの目的別ローンの方がお得です。

ですが、JAバンクの目的別ローンと消費者金融・銀行のカードローンはそれぞれ利用目的などが異なってきますので、両者を比較するのは若干筋違いといえるでしょう。

アコムや三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』といったカードローンはお金が必要な時にすぐにお金が借りられるというメリットを持つサービスです。

btn_shosai_acom btn_shosai_banquick

緊急にお金が必要になったり、飲み会や旅行といった娯楽関連の目的を達成するためのお金をすぐに借りることができるサービスとなります。

アコムはカードキャッシングだけでなく、一度会員になっておけばいつでもインターネット借り入れができるサービスもあるので便利です。

提携先の楽天銀行口座にでしたら、土日・祝日といった休日であっても手数料無料で振込キャッシングができます。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は提携ATMでの手数料が無料となりますので、カードローンが非常にお得です。

それに対し、JAバンクの住宅ローン、マイカーローン、教育ローンはそれぞれの目的を達成するための費用を借りるサービスです。

低金利で借りられますが、借りたお金の使い道は限定され、好きな時に借りられるようなサービスではありません。

目的を達成するための高額な費用を貸し出してくれて、利用者はそのお金を使って目的を達成していくのです。

以上のように、カードローンと目的別ローンは、お金を借りる目的が異なってきますので比較することはできません。

皆様がお金を借りる目的についてもう一度考え、ご自身に適したサービスを選択していきましょう。

なお、目的別ローンの返済などに追われ、日常生活に必要なお金をカードローンで借りるといった使い方もあります。

JAバンクの住宅ローン、マイカーローン、教育ローンを利用しつつ、アコムや三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』を利用することも可能です。

カードローンなどで借りたお金の利用用途は自由ですので、ぜひアコム・三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』のご利用もご検討ください。

btn_shosai_acom btn_shosai_banquick imasia_10952071_XL

※株式会社モビットは2017年12月1日に株式会社SMBCモビットへ社名変更
※SMBCモビットの即日融資は、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休(年末年始は除く)
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは12/31の18時以降、1/1はネット申込可能ですが審査回答や契約手続きは1/2以降となります
※J.Score(ジェイスコア)の利息キャッシュバック特典は5月22日に終了しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です