自営業(個人事業主)、フリーランス、法人(中小企業経営者)のクレカ(クレジットカード)の作り方【審査が通らない場合、審査が甘いクレカ(クレジットカード)があるって本当?】

自営業(個人事業主)、フリーランス、法人(中小企業経営者)のクレカ(クレジットカード)審査が通らない!その理由はなぜ?

当サイトをご覧になっている方の中には自営業の方やフリーランスの方、または中小企業経営者の方もいらっしゃるかと思われます。

そうした属性の方は、一般的にクレカ(クレジットカード)審査に通過しにくいと言われていますが、それは何故でしょうか。

この記事では最初に、自営業、フリーランス、中小企業経営者の方がクレカの審査に通りにくい理由について解説します。

なぜ自営業、フリーランス、中小企業経営者の方が審査に通過しにくいか、その理由は2点ほど挙げられるので、それぞれ解説していきますので、ぜひご参考にしてください。

収入の安定性が認められないことがあるため

特に自営業、フリーランスの方の場合、審査に通過しにくい理由としてこの理由が大きいといえます。

もちろん自営業、フリーランスの方も毎月収入を得ていると思われますが、クレカの審査で重要なのは安定性です。

やはり、安定性という点で考えますと、会社勤めをしている方のほうにアドバンテージがあるといえます。

そのため、どうしても会社勤めをしている方に比べると自営業、フリーランスの方は審査に通過しにくい傾向があるのです。

基本的に申込者が安定した収入を得ているのかという点を確認していますので、不定期な収入であるとやはり審査では不利になります。

逆に言えば、自営業、フリーランスの方も安定した収入があることを示せれば審査に通過できる見込みがあります。

自営業、フリーランスの方の中には、収入が月収ではなく仕事が完了した段階で報酬を得るという形態の方もいらっしゃるでしょう。

そうなりますと審査では不利になってしまいますが、別途で対策をしておけば審査の通過は見込めます。

どういった対策があるかというと、本業の他にもアルバイトなどをして定期的な副収入を得ていくという対策があります。

アルバイトやパート、派遣といった仕事による定期的な収入があれば、利用条件を満たせる見込みがあります。

事業成績なども審査で問われるため

自営業、フリーランス、中小企業経営者のクレカ審査では事業成績なども審査の対象となることがあります。

ここでいう事業成績とは収支が黒字か赤字かという話だけでなく、開業届けが提出されているか、営業年数は何年かという点も確認されているのです。

そのため、審査を受ける前は入念な準備が必要となりますので、申し込む際には注意が必要となります。

参考までですが、楽天カードには法人用に発行されているクレカもあります。

楽天カードを法人用に作成してしまえば、経費の支払いなどを全てカード支払いにできるので管理が楽になるのです。

経費の支払いなどでも還元率1%でポイントが貯まっていくため、楽天カードで支払えばお得です。

経費の支払いを楽天カードで行うことでメリットが多々あり、自営業、フリーランス、中小企業経営者の方も利用しやすくなっています。

自営業、フリーランス、中小企業経営者のクレカの審査基準(難易度)は?

上記でも説明しましたように、自営業(個人事業主)、フリーランス、中小企業経営者の方も、基本的には利用条件を守っているかいないかという点が審査で確かめられています。

例えば、アコム発行の「ACマスターカード」の場合、「20歳以上」と「安定した収入」という2つの条件が守れていれば審査通過が見込めます。

その条件が満たせていなければ審査に通過できませんので、審査は決して甘いものではありません。

しかしながら、安定した収入はアルバイトなどで副収入を得るなど対策をとれば実現するのはそれほど難しいことではないでしょう。

そのため、審査基準(難易度)は特段難しいというわけではなく、きちんと対策を施せば審査に通過することは難しくはありません。

自営業、フリーランス、中小企業経営者のクレカの作り方は?

自営業、フリーランス、中小企業経営者の方がカードを作るとしたら、個人カードか法人カードのどちらを作成するか選ぶことになります。

基本的に、個人カードでしたら特に他の職業の方と作成方法は変わりません。

一つだけ異なってくるのは提出する書類でしょうか。

アコムのACマスターカードを例にとると、キャッシング枠が50万円以上となりますと、収入証明書類の提出が必要となります。

収入証明書は給与明細書などでいいのですが、自営業の方の場合は給与明細がないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は源泉徴収票や確定申告書を提出することになりますので、準備をしておいてください。

法人カードを作る際には法人名義の銀行口座を用意し、その口座をクレジットの引き落とし先として設定しなければなりません。

そういった用意などが必要となりますので、申し込みの際に規約などを参考にして準備を進めておきましょう。

自営業、フリーランス、中小企業経営者には、クレカの特典・サービスはありますか?

上記で紹介してきたアコムのACマスターカードと楽天カードはそれぞれ特典・サービスなどが充実しているクレカです。

こちらではそれぞれのクレカの特典を詳しく解説しますので、自営業、フリーランス、中小企業経営者の方はぜひご参考にしてください。

アコムのACマスターカードの特典・サービス

上記でも説明しましたが、アコムのACマスターカードは即日発行ができる点で強みを持っております。

また、キャッシングサービスも優れており、即日キャッシングもできますし、会員になっていればインターネット借入・返済が可能です。

そのためクレジットサービスだけでなく、キャッシングサービスで強みを持っているカードといえるでしょう。

30日間の無利息キャッシングサービスがあるため、実際の金利よりお得に利用することができます。

また、利用状況が良ければ金利の引き下げやキャッシング枠の増額(増枠)にも対応してくれるでしょう。

楽天カードの特典・サービス

楽天カードはポイントサービスが充実しており、入会特典以外にも様々な場面でポイントを貯めることが可能です。

個人事業主の方は事務所の公共料金やプロバイダ料金、交通費などの支払いを楽天カードにするだけでどんどんポイントを貯められます。

楽天カードはポイント還元率が1%と大変評判が良いので、支払いを全て楽天カードにしてしまえば非常にお得です。

また、楽天ビジネスカードですと、ETCカードを複数枚付帯させることができますので、ETCを利用したい方にもオススメとなっております。

ETCカードを利用した分の支払いもポイントも加算されていきますので、いつの間にか多くのポイントが利用できるということも多いのです。

楽天カードの利用で貯まった楽天ポイントについては1ポイント=1円換算で、楽天サービスの支払いなどに充てることができます。

以上のように、楽天の各クレカはポイントサービスが充実しており、お得に利用できます。

こちらに、今、紹介したクレジットカードについては詳しくサービス内容を紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

人気クレジットを比較

自営業、フリーランス、中小企業経営者でも審査が通る、審査が甘いクレカはありますか?

基本的に審査が甘いクレカというものはなく、各会社の利用条件をきちんと満たしていない方は審査の通過はできません

ですが、アコムのACマスターカードは審査は甘くないものの、利用条件自体は特に満たし難い条件ではないのです。

上記でも説明しましたように、アコムのACマスターカードは「20歳以上で安定した収入がある」という点が満たせていれば審査に通過する見込みは十分あります。

また、クレジットカードというのはクレジットヒストリーという情報履歴が残りますので、それを利用して審査に通過しやすくなることも可能です。

クレジットヒストリーとはクレカの利用履歴や作成履歴などのことを指します。

クレカというのは作るのに信用が重要となりますので「クレカを作成した=信用ある人物」という構図となります。

つまり、クレカを作成すること自体が、他のクレジットカード作成の際の対策になり得るのです。

そのため、審査に自信が持てないという自営業、フリーランス、中小企業経営者の方もしっかりと対策していれば作成することができるでしょう。

ところで、その自営業の方をはじめとして、申し込みの際に自ら経営するところの基本情報について、記入間違い及び虚偽の記載などによる審査不通過が起きるケースがあります。そのような無用なトラブルを防ぐためにも、個人の基本情報のみならず、自らの経営の情報も正しく申告しましょう。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。
※SMBCモビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※J.Score(ジェイスコア)の契約日の翌月まで利息キャッシュバック特典は5月22日にサービス終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です