ローソン銀行カードローンがひっそり開始していたのでしっかり解説!

ローソン銀行は、2018年10月15日よりサービスを開始した銀行です。
普段ローソンをよく利用する人にとっては、身近な銀行の一つではないでしょうか。

まだサービスを開始して間もないローソン銀行なのですが、実はひそかにカードローンのサービスが始まっていたようです。

そこでこちらでは、ひっそりとサービスが開始されたローソン銀行カードローンについて、しっかりと解説していきます。

ローソン銀行に待望のカードローン登場!?

ローソンといえば、お弁当を買ったり生活に必要なちょっとしたものを買ったりと、私たちの生活に欠かせない存在ですよね。
そしてローソン銀行もまた、私たちの生活をもっと便利にしてくれる存在だと言えるでしょう。
わざわざ銀行まで足を運ばなくても、コンビニで買い物をするついでにお金の出し入れができるというのは時間の節約にもなりますし本当に嬉しいですよね。

そんなローソン銀行から、待望のカードローンがひそかに登場していました。
ただ、一般的なカードローンとは一味違うようです。
一体どんなカードローンなのか、さっそく見ていくことにしましょう。

「ローソンPontaプラス」はクレジットカード

「ローソン銀行からカードローンが登場した」と言っておいて申し訳ないのですが、ローソン銀行から登場したのは、厳密には「ローソンPontaプラス」というクレジットカードです。
実はクレジットカードに、カードローンの機能も付いているわけなんですね。

「それならショッピング枠とキャッシング枠がある普通のクレジットカードと同じだし、カードローンと言わないのでは?」
と思った人もいるかもしれません。

しかし、ローソンPontaプラスは、普通のショッピング枠とキャッシング枠のある一般的なクレジットカードとは少し違います。
ショッピング枠、キャッシング枠のほかに「カードローン枠」もついているという一風変わったクレジットカードなんです。

まずはショッピング枠、キャッシング枠を軽く解説

カードローン枠とはなんなのか気になる人も多いと思いますが、先にショッピング枠、キャッシング枠に軽く触れておきます。

利用可能枠
「ローソンPontaプラス」の利用可能枠は、10万円~50万円です。
そのうちショッピング枠が10万円~50万円、キャッシング枠は0円~5万円となっています。
支払方法
ショッピング枠の支払方法には、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボルビング払いがあります。
キャッシング枠の支払方法は、一括払いのみとなっています。

そのほかにも、ショッピング枠には登録型のリボルビング払いサービスである「楽Pay」や、後からリボ払いや3回以上の分割払いに変更できる「あとdeリボ」「あとde分割」があります。
また、キャッシング枠には後からリボ払いのカードローンに変更ができる「あとdeカードローン」というサービスもあります。

金利手数料
ショッピング枠の分割払い手数料率は実質年率12.25%~15.00%、リボルビング払いの手数料率は実質年率15.00%です。
キャッシングの手数料率は、実質年率14.95%~17.95%です。

Pontaポイントが貯まる

「ローソンPontaプラス」を利用すると、約20万の提携店舗がある共通ポイント「Pontaポイント」が貯まります。
こちら、貯めている人も多いのではないでしょうか?

ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでクレジットカード支払いをすると100円につき2ポイント、Mastercardの加盟店では200円につき1ポイントが貯まります。
そのほか、ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソンでの利用の場合には毎月の利用金額に応じたポイントの加算などもあります。

三菱UFJニコスの審査に通る必要あり

カードローン機能もあるローソン銀行のクレカ「ローソンPontaプラス」の審査に通過するためには、保証会社である三菱UFJニコスの審査にも通過する必要があります。
消費者金融ではなく信販会社が審査を行うことからも、この商品があくまでクレジットカードをメインとしているとわかりますね。

「ローソン銀行カードローン」の目次に戻る

ローソンPontaプラスのカードローン枠

お待たせいたしました。
ここからは、ローソン銀行のカードローンについてのお話です。

改めて申し上げますが、ローソン銀行のクレジットカード「ローソンPontaプラス」には、ショッピング枠、キャッシング枠のほかに「カードローン枠」が設けられています。
このカードローン枠について詳しく見ていきましょう。

ローソン銀行カードローンのスペック

利用可能枠
0円~20万円
金利
年14.95%~17.95%
返済方式
毎月元金定額返済
遅延損害金
年14.55%
資金使途
自由(事業資金を除く)
借入方法
ATMからの引き出し
(ローソンATMのほか、MUFGCARD、UFJcardのマークのあるATMで利用可能。1万円以上1万円単位)
または、会員専用WEBサービスからの申し込み(原則、金融機関の翌営業日の入金。1万円以上1万円単位)
返済方法
口座引落による返済またはATM、CDからの返済
ATM手数料
借入金額が1万円の場合108円、2万円以上の場合216円
担保、保証人
不要

キャッシング枠とカードローン枠はどう違うの?

ローソン銀行のクレジットカード「ローソンPontaプラス」のキャッシング枠とカードローン枠の違いは抑えておくべきポイントです。

ローソンPontaプラスのキャッシング枠はクレジットカードの利用可能枠に含まれており、0円~5万円となっています。
一方のカードローンの利用枠は、これとは別に0円~20万円付けることが可能です。

そのほか、キャッシング枠とカードローンの大きな違いは「返済方式」でしょう。
キャッシング枠は一括で返済しなくてはいけないのに対し、カードローンの方は毎月ほぼ一定の額を返済していく毎月元金定額返済となっています。

なお、キャッシング枠で利用した代金を、あとからカードローンの返済に変更できる「あとdeカードローン」というサービスもありますよ。

「ローソン銀行カードローン」の目次に戻る

ローソン銀行のカードローンはお得?

ローソン銀行のカードローンについて見てきましたが、ローソン銀行のカードローンは結局、お得なのでしょうか?
一つずつ検証していきましょう。

銀行カードローンなのに金利が高い

ローソン銀行カードローンの金利は年14.95%~17.95%
銀行カードローンといえば上限金利が15%弱のところが多くなっていますが、ローソン銀行の場合には下限金利が年14.95%です。
これは、銀行カードローンにしては高い金利だと言わざるを得ません。
「行きつけのお店で割引してもらった商品の値段が、別の店の定価とほぼ同じだった。」ぐらいショッキングな内容です。

そのうえ上限金利は年17.95%で、これは消費者金融並み、または消費者金融よりも高い金利だと言えます。

金利の面から見ると、あえてローソン銀行を選ぶメリットはあまりなさそうですね。

ATM手数料もかかる

ローソン銀行のカードローンを選んだ場合、借入をする際のATM手数料も気になるところです。

最近では自社のATMの場合には手数料無料のカードローンも多いもの。
しかし、ローソン銀行のカードローンの場合には、1万円の借入で108円、2万円以上の借入で216円のATM手数料がかかります。
何度も借り入れをすることを考えるとATM手数料もバカにできませんから、やはりATM手数料がかからないカードローンを選ぶべきでしょう。

利用可能枠もおまけサイズ

ローソン銀行のカードローンは、利用可能枠が20万円までとなっています。
一般的なカードローンは利用限度額が300万円~1,000万円程度のものが多いですから、20万というのはかなり少ないですよね。
カードローンとして利用するには、使い勝手が良くないでしょう。

あくまでもメインはクレジットカード

中身もしっかり確認したうえでの結論を言うと、ローソン銀行の「ローソンPontaプラス」は、あくまでもクレジットカードがメインです。
ローソンなどでのショッピングでPontaポイントを貯めてお得に使うという趣旨になっているようですから、カードローンはあくまでもおまけのような機能だと思っておいた方が良いでしょう。
カードローンをメインで使いたいと考えているなら、以下のようなカードローン専用の商品を選んだ方が良さそうです。

「ローソン銀行カードローン」の目次に戻る

ローソン銀行カードローンよりお得なカードローン

カードローンをメインに考えている人には、ローソン銀行の「ローソンPontaプラス」は適しているとは言えません。
ローソンPontaプラスよりもお得なカードローンを見ていきましょう。

クレジットカード付きのカードローンなら「アコム」

アコムにはローソンPontaプラスのようにクレジットカード機能とカードローン機能が一緒になった商品「ACマスターカード(カードローン付き)」があります。

アコムのカードローンや契約極度額が800万円まで。
ローソンPontaプラスに比べてたっぷりと借り入れができますね。
一部の自動契約機から申し込みをすれば、その場でカードの即日発行も可能です。

また、アコムのATMからの借入ならATM手数料もかかりませんから、使い勝手の点でもメリットが大きいです。
アコムの詳細

ローソン銀行カードローンより金利が低い「プロミス」

プロミスの金利は年4.5%~17.8%、借入限度額は1万円~500万円です。
プロミスは消費者金融のカードローンですが、ローソン銀行のカードローンよりも低金利です。
銀行カードローンの方が金利が低いというイメージを持っている人も思いますが、必ずしもそうではないためよくチェックしましょう。

さらに、プロミスなら新規の申し込み時に「30日間無利息サービス」を受けることができます。
30日以内に返済できそうな場合は、賢く利用すれば利息を一切取られることなく借り入れをすることが可能ですよ。

Webから申し込めば、会社への電話連絡への対策もでき、最短で即日融資も可能です。
プロミスの詳細

圧倒的に金利が低い「J.Score(ジェイスコア)」

金利の低さで選ぶならもう、業界トップレベルのJ.Score(ジェイスコア)で決まりです。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの金利は年0.8%~12.0%
上限金利がローソン銀行カードローンの下限金利よりも低いというのは驚きですよね。
今後長く利用することを考えたら、これだけ大きな金利の違いはやはり見逃せないでしょう。
契約極度額も10万円~1,000万円までで安心ですし、最短で即日融資が受けられる点も魅力です。
ジェイスコアの詳細

「ローソン銀行カードローン」の目次に戻る


ローソン銀行カードローンについて、しっかり解説してみました。

2018年10月15日開業のローソン銀行ではカードローンを利用することもできますが、カードローン専用ではなく、クレジットカードにカードローン機能が付いている商品です。
利用可能枠が20万円しかなく、金利も年14.95%~17.95%と高め。
カードローンをメインとして使うなら、あえてローソン銀行のカードローンを選ぶ必要はありません。

使い勝手の良いカードローン付きのクレジットカードがあるアコムや、ローソン銀行カードローンよりも金利の低いプロミスやJ.Score(ジェイスコア)などのカードローンを選びましょう。

※株式会社モビットは2017年12月1日に株式会社SMBCモビットへ社名変更
※SMBCモビットの即日融資は、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休(年末年始は除く)
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは12/31の18時以降、1/1はネット申込可能ですが審査回答や契約手続きは1/2以降となります
※J.Score(ジェイスコア)の利息キャッシュバック特典は5月22日に終了しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です