カードローンやキャッシングの口コミ評判って信用していいの?

最近、カードローンやキャッシングのCM広告をよく見かけませんか?
もちろん、これらは安全なサービスですが、これだけ売り込まれると何か裏があるのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。

それに、ネット上の口コミを参考にしようにも、そもそもカードローンおすすめサイト口コミサイトの情報が信用できるのかも、怪しいところです。

ということで今回は、

・カードローンやキャッシングに危険性があるのか
・ネット上の口コミは信用できるのか

などについてお話していくことにします。

最近、カードローンの広告多くない?

カードローン広告
銀行や消費者金融のカードローンのCMが、近ごろ本当に多いです。多すぎます。
以前は、深夜になると消費者金融のCMが多めになる程度でしたが、今はゴールデンタイムだろうがバンバンCMが流されています。

ひどいときはアコムのCMのあとにアイフルのCMが流れ、「なにこれ?」となることも。

ついには三菱UFJ銀行のバンクイックや三井住友銀行カードローンまで参加してきました。

さらには電車内ネット上でも広告を見かけるようになり、もはやそれら個人向け融資サービスの広告は、目に入らない日のほうが少ないぐらいです。

「さすがに多すぎでは……。」

そう思い始めている人も多いのではないでしょうか?

なんでカードローンの広告は多いの?

なぜ、カードローンのCMや広告がこんなにも目に付くのでしょうか?

その理由は、身も蓋もない言い方をしてしまえば、「儲かるから」です。

銀行のカードローンのCMや広告が増えた理由は、特にそれが大きいです。

今は、住宅ローンなどの商品の金利は3%を切るものもザラで、とても低くなっていますよね。
銀行は、そういった商品の利息によって儲けを出すのが難しくなってきています。

事実、有力な地方銀行である横浜銀行の「リスク統括部」は、「住宅ローンの収益・リスク管理」という資料をまとめているほどです↓

住宅ローンの収益・リスク管理
そこで銀行が力をいれることにしたのが、カードローンに代表される個人向け融資サービス。
カードローンなら銀行でも上限金利が15%前後ですから、儲けを出しやすくなっています。

だから、新規参入となる銀行はカードローンのCMや広告を急増させ、元祖である消費者金融も負けじとCMを増やして対抗する……。

そういった構図ができあがっているわけです。

カードローンに危険性はないの?

こんなに毎日カードローンのCMを見かけると、多少は興味をそそられる反面、危険性怪しさを疑ってしまうのが人間の心理でしょう。
カードローンの契約に危険性はないのか、気になりますよね。

・一度借りてしまったら借金地獄に陥っていくのでは……
・結局はサラ金なんでしょ?
・怖い人が家まで取り立てに来そう

などと思っている人もいるかもしれません。

しかし、銀行や消費者金融のカードローンの金利条件は、法律で厳しく制限されています。
実際、CMで見かけるような金融機関のカードローンは、決められた範囲内の金利しか取っておらず、違法性はありません。
そのような点においては明確に、危険性はないと言えるでしょう。

もちろん、暴力的な取り立てなど言語道断です。
カードローンのCMにはたくさんの芸能人が出演していますよね。
もしカードローンに違法性や危険性などがあるのなら、好感度が命の芸能人がカードローンのCMの出演を承諾するはずがありません。

カードローンやキャッシングのデメリットは?

ただし、すべての利用者が満足する完璧なサービスなどありませんから、カードローンにもデメリットはあります。

カードローンには、安定した収入があればアルバイトやパートなども含め、多くの人が利用できるものが多いです。
しかし気軽に借りられるからといって、まるで自分のお金を引き出すかのような感覚で使い続けてしまうと、返済が追い付かず大変なことに。
転落
レンタルしているDVDの返却が遅れると延滞金が発生するように、借りたお金の返済が遅れると「遅延損害金」が発生します。
通常の利息にプラスして遅延損害金もとられるため、思った以上に借金が膨らんでいってしまうのです。

「ちょっとくらい遅れても大丈夫だろう」大間違い
遅延損害金は、1日でも遅れると発生します。

また、限度額がいっぱいになるたびに2社目、3社目とさまざまなカードローンで借り入れをしてしまうと、あっという間に「多重債務」の状態に。
まさに、借金で首が回らない状態になってしまうでしょう。

そして一般的に2~3カ月以上カードローンの返済が滞ると、信用情報機関にあなたの個人情報として金融事故情報が登録され、いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。
ブラックの状態になると、ローンやクレジットカードなどの審査に通らなくなります。
住宅ローンや自動車ローンを組もうと思った時に審査に通らずに困ることになりますし、今後お金のピンチが訪れても、ブラックのうちは新たにカードローンを契約できません。
金融事故の情報は延滞が解消してからも5年程度は残ってしまいますから、そのあいだクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることは諦めなくてはならないのです。

でも、カードローンやキャッシングは適切に使えば強い味方に

便利なキャッシング
少々恐ろしいデメリットをお話してしまいましたが、これはあくまでも計画的な利用をしなかった場合に限ります。
計画的に返済できる範囲内で利用すれば、カードローンは私たちの生活の味方になってくれるものです。

例えば、

・給料日前なのに飲み会が入ってしまった
・結婚式のご祝儀、金欠で払えない
・金欠でデート代が、プレゼント代が……
・どうしても今、この商品が欲しい!

こんなとき、カードローンでお金を借りればピンチを脱出できます。

カードローンの審査は、消費者金融なら早くて当日、銀行カードローンでも数日で結果が出るので、スピーディーに借り入れできるのもメリットです。
給料日や返済期日から逆算して計画的に利用すれば、カードローンもキャッシングも何も怖いことはありません。

そもそも、消費者金融のカードローンには年収の3分の1までしか借り入れができない「総量規制」が設けられています。
そのためとんでもない金額まで借りてしまうということは容易には起こりません。
すべての消費者金融での借り入れの合計が年収の3分の1までですから、安心感がありますよね。

銀行カードローンに総量規制はありませんが、最近では総量規制にならった自主規制を設けているところが多いため、こちらについても借りすぎる事態は起こりにくいでしょう。

カードローンやキャシングは、自分の収入の範囲内で計画的に利用すれば、生活のピンチを救ってくれる強い味方。
借りた金額を自分で把握し、借りすぎないように自制する意識があれば、総量規制や銀行の自主規制の効果もあって安全に便利に利用することが可能なのです。

こういうサイトの口コミって信用できるの?

ネットは口コミは信用できるのか
カードローンのCMや広告の増加にともない、最近はその口コミや解説が載っているサイトも増えていますね。
Amazonレビュー食べログなどもそうですが、口コミはその商品やサービスの評判を知るのに、とても参考になります。

ですが、カードローンの解説サイトやそこに載っている口コミは、はたして信用できるのでしょうか。
なんか胡散臭いサイトもあるし、もしかしたらカードローン会社が自作自演しているのでは? と不安になる人もいるでしょう。

実はそう言っている当サイトも、カードローンに関する記事をたくさん作成していて、おすすめできるカードローンの広告を掲載しています。

なぜ、そこまでカードローンの記事をたくさん作成しているのか。
当サイトがカードローンを解説しているのは、以下のような理由からです。

【公式サイトでは知り得ない情報がある】

通常、消費者金融や銀行の公式サイトには、その商品のデメリットなんて書かれていません。
また、CMのキャッチコピーだけは耳に残るけれど、結局はどんな特徴がある商品なのか、良く分からないことも多いでしょう。

当サイトと、カードローンのサービスを提供している金融機関とのあいだには、直接的な関係はありません。
メリットを伝えて褒められることもなければ、デメリットを伝えて怒られることもありません。(もちろん、嘘や間違いはさすがにアウトですが)
なので、第三者の中立的な目線からそのカードローンの特徴や優劣を客観的に判断でき、それを分かりやすくお伝えすることで、皆さんがカードローンを選ぶ際の参考にしてもらうことを目指しています。

【独自に口コミを収集して提供する】

商品やサービスを選ぶ際、口コミってかなり参考になりますよね。
買うつもりでいた商品の悪い口コミを見て「やっぱりやめようかな?」と思ったり、ちょっと気になる程度だったお店の高評価レビューをみて「よし、行ってみよう!」と思ったり。みなさん一度は経験ありますよね。

カードローンやキャッシングも、口コミがあるとやっぱり選びやすいものです。
実際に利用した人の声を聞くと安心して利用できますし、公式サイトではわからない評判を知れば、イメージがより鮮明になりますからね。

でも、カードローンの口コミって意外とインターネット上で見つけられないことも多いです。
見つかったとしても、なんだか嘘っぽいものも結構あったりします。

そこで当サイトでは、独自に口コミを収集して皆さんにお伝えしています。
参考になりそうな口コミを提供することで、皆さんのカードローン選びのお手伝いをすることを目指しています。

なかには信用できないサイトもあるため注意!

先ほど、ネット上で見つかるカードローンやキャッシングの口コミには、嘘っぽいものもあると言いました。
実は、嘘や間違い、事実とは言い切れない情報を、わかっていて伝えているサイトは存在しています。

ある商品を売り込みたいがために、都合のいい内容の口コミを創作して載せているところもあるため、十分注意してください。

当サイトでも以前は、あまり深く内容を確認せずに、ネット上の口コミを集めていた時期がありました……。
しかし、今は安心して頂いて大丈夫です。
当サイトは、こちらの口コミ投稿フォームから寄せられた実際の利用者からの口コミを掲載しています↓

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー

今後はさらに、こちらから質問するなどアンケート調査も行い、よりリアルな口コミ・利用者の声を公開していくつもりです。
なので安心して、当サイトの掲載情報を参考にしていただければと思います。

さっそく確認してみるなら、以下の記事がおすすめです!
ジェイスコアの口コミを読む
レイクALSAの口コミを読む
楽天銀行カードローンの口コミを読む


カードローンやキャッシングの安全性や口コミに関してお話してきました。

カードローンやキャッシングは、無計画に借りすぎてしまうと大変なことになります。
しかし、計画的に利用すれば私たちの日常生活のピンチを救ってくれる頼もしい存在になりますし、もちろん違法な要素なども全くなく安全なものです。

カードローンの情報や口コミを掲載しているサイトの中には、特定の商品を売り込むために嘘の情報を掲載したり、口コミを創作していたりするサイトもあります。
当サイトは皆さんから口コミ投稿フォームに寄せられた口コミを掲載していますから、安心して参考にしてくださいね。

※株式会社モビットは2017年12月1日に株式会社SMBCモビットへ社名変更
※SMBCモビットの即日融資は、申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休(年末年始は除く)
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは12/31の18時以降、1/1はネット申込可能ですが審査回答や契約手続きは1/2以降となります
※J.Score(ジェイスコア)の利息キャッシュバック特典は5月22日に終了しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です