三井住友銀行カードローン増額の悩み。チャンスに変えるべき理由

三井住友銀行カードローンを利用していて限度額が足りないとき、みなさんはどうしますか?

少しでも早く限度額の余裕を確保したいとなれば、選択肢は2つ。
・限度額の増額を申請する
・別のカードローンを新規契約する

このどちらかになると思います。

増額できるならそれに越したことはありませんが、すでに一度、審査を経験している人ならおわかりだと思います。
増額するにも審査があり、それが簡単なものではないということ。

こちらでは、

・三井住友銀行カードローンの増額審査を受けるべきか
・増額できない状況をチャンスに変えるという考え方

などをお話していくので、よければ参考にしてみてください。

三井住友銀行カードローンで増額するべき?

増額審査の壁
三井住友銀行カードローンの利用限度額を増額するべきか、それとも別のカードローンで新規借り入れをするべきかは、慎重な検討が必要です。

ご存じのとおり、三井住友銀行カードローンに限らず、利用限度額を今よりも増やしてもらうためには「増額審査」に通過しなくてはなりません。
増額審査は誰でも通過できるというものではありませんから、安易に挑戦するのは控えるべきです。

安易に増額をおすすめするサイトに注意

この記事を書く数日ほど前、ネット上で、
「カードローンは新規申し込みより増額のほうがお得だから、まず増額審査を申し込むべきだ」と主張するサイトに出くわしました。(具体的なサイト名はあえて伏せておくことにします)
それだけでなく、
「増額審査は厳しいと書いているサイトもあるが、それは全くのでたらめだ」などということまで書かれていました。

このサイトの主張は、「合っている部分もあるけれど、間違っている」と、私は思います。

確かに、大幅に増額ができれば金利が下がってお得になる可能性が高いです。
カードローンが増えなければ返済日も月に一度のまま増えないので、管理もしやすいでしょう。
しかしそれは、「増額審査に通過した人限定のメリット」です。

楽勝で増額審査に通る人ならもちろん、増額を選ぶべきです。
しかし世の中、そういう人ばかりではありません。
カードローンの増額について調べている人達の抱えてる事情はさまざまなわけですし、増額審査に落ちてしまう可能性が高い人もたくさんいます。
というか、その点が不安だからみんな悩んでいるのです。

ですから、安易に「増額に挑戦するべき」と言い切るのは違うと思います。

実際には、銀行カードローンの増額審査は決して甘い審査ではありません。
現在の限度額は、堅実な運営を求められる銀行が、時間をかけて出した妥当な数字です。
カンタンに増額してしまっては、前の審査の意義が揺らいでしまいます。

仮に記事を見た人が「増額するべき」という情報を鵜呑みにして増額に挑戦し、審査に落ちてしまったら?
得する人は誰もいませんし、時間や緊張がムダになるだけで終わってしまいます。

増額審査は、利用回数や返済実績、社会的信用を積んでいて、問題なく通過できる条件が揃っている人だけが挑むべきものです。
さまざまな事情を抱えた不特定多数の人が目にすることができるネット上に「増額審査が厳しいという情報は間違っている。ぜひ増額するべきだ」と堂々と言い切ってしまうのは、いかがなものかと感じます。

これは当サイトも含めて言えることですが、ネットの情報はそのまま鵜呑みにせず、最後は自分で考えて判断を下すことをおすすめします。

安易な増額はお得どころかむしろ危険

三井住友銀行カードローンの利用限度額を増額したい人は、今の限度額では足りないからもっと借りられるようにしたいと考えているわけですよね。

それがもし、今よりも利用限度額が減ってしまったらどうでしょうか。
「絶対に嫌だしそんなの困る……」という声が聞こえてきそうです……。

実は、三井住友銀行カードローンの増額審査にむやみに挑戦してしまうと、増額ができないばかりか利用限度額が今よりも「減額」してしまうというリスクがあります。

よく考えてみれば、増額のために審査を受けるというのは再び属性や信用情報などをチェックされるということです。
必要に応じて、また在籍確認も行われることになるでしょう。
もし属性にマイナス変化(転職して間もない、収入が減った、降格した、など……)があったり、信用情報に延滞などの事故情報が載っていたりすれば、三井住友銀行に悪いイメージを与えてしまうことは言うまでもありません。
三井住友銀行カードローンの返済に一度でも遅れがあった場合は、なおさらです。

(三井住友銀行カードローンは利用者のネガティブな状況に敏感なのか、口コミサイトで減額されたという書き込みが多めに見られたので、今回の例に取り上げました)

審査の結果、限度額を増やすどころか今の限度額でも多すぎると判断されてしまえば、利用限度額は今よりも下げられてしまいます。
悪質な場合には、利用停止になってしまうことも考えられるでしょう。

実はこのことは、例の増額をおすすめしているサイトでも触れられていました。
申しわけ程度に少しだけ、でしたが……。

ネットで増額の情報を検索している人にはいろいろな状況の人がいて、なかには属性が良くない人もいるわけですから、いま増額審査を受けたら限度額を失う可能性が高い人もいることは、十分に予測できるはずです。
そうなってしまってもなお、増額審査を受けるべきだったと言えるでしょうか?

増額審査は、減額や利用停止の危険があるものだということを常に念頭に置き、もっと慎重に考えるべきものです。
「増額のほうがお得だってネットに書いてあったから」では、後悔することになってしまうかもしれませんよ。

「三井住友銀行カードローンの増額」の目次に戻る

三井住友銀行カードローンの増額審査に通る人

増額審査に通るコツ
三井住友銀行カードローンの増額は、審査に通る自信がある人のみが行うべきだというお話をしました。
では、どんな人が三井住友銀行カードローンの増額審査に通るのでしょうか。

あくまで通りやすい傾向ということになりますが、以下に当てはまることがポイントになります。

新規申込みから最低でも半年以上経過している
三井住友銀行カードローンに申し込みをして日が浅い人は、増額審査にはまず通りません。
少なくとも、新規申し込みから半年以上は経過している必要があります。
返済の遅れが一度もない
これは当然のことなのですが、一度でも三井住友銀行カードローンの返済に遅れがある人は増額を諦めましょう。
三井住友銀行カードローンの遅延損害金は年19.94%と消費者金融並みに高く設定されおり、このことからも返済の遅延に関して厳しい見方をしていることがうかがえます。
ですから、返済の遅れがあったらその時点で増額は難しいでしょう。
また、三井住友銀行カードローン以外のカードローンやクレジットカード、携帯電話の分割払いなどで延滞がある人も増額はまず無理でしょう。
新規申し込み時より収入が増えている
収入が増えていれば単純に、返済能力がアップしたとみなされやすいです。三井住友銀行に良いアピールとなるので増額につながりやすいと言えます。

これらの条件を難なくクリアしている人は、そこまで多くないのではないでしょうか。
例の増額をおすすめしているサイトも上記のような傾向があることは理解しているようでしたが、これらを満たすことは難しくないとお考えなのでしょうか……?

増額審査に挑戦するかどうかは、三井住友銀行カードローンからの増額案内を目安にするのが良いと思います。
増額案内が来ているということは時期的な条件はクリアしているでしょうし、利用状況も問題ないと考えられるからです。

もちろん、増額案内があったとしても増額審査は行われるので、絶対に増額できるとは言い切れません。
実際に、増額案内が来ているのに審査に落ちてしまった……というケースもある以上、絶対大丈夫だとは私は言い切れませんが、少なくとも可能性が高まったタイミングであることは確かでしょう。

このように、三井住友銀行カードローンの増額は決して激甘審査ファイナンスというわけではありません。
増額審査に臨むにしても、そのことだけは理解しておいてほしいと思います。

余談ですが、自分から三井住友銀行カードローンの増額を申し込む場合は、電話またはローン契約機からとなります。
その際、増額の理由(増額したら借りられるお金の利用目的)も伝えなければならないため、なんとなく安心だから、といったフワッとした理由では増額できない可能性が高いです。
こちらから増額を申し込むときは、ちゃんとした「増額理由」も用意しておくと安心ですよ。

三井住友銀行カードローンの増額審査口コミ

ここで、実際に三井住友銀行の増額審査を受けた人の口コミを見てみることにしましょう。
増額が叶った人の口コミを1件、増額できなかった人の口コミは多かったので2件、紹介することにします。

良い銀行だと思います(20代女性)
電話で増額の申し込みをしました。対応は丁寧でスムーズでしたし、待たされる審査じゃなったのが良かったです。満足です!
増額できず(40代男性)
三井住友銀行カードローンを申し込みして数か月後に増額の申し込みをしたことがありましたが、審査に通らず増額できませんでした。
しいて思い当たることがあるとすれば、申し込みが早すぎたか。
他社での借り入れが少しありましたが、そこまでの金額ではなかったので影響はなかったと思ってます。
増額できるまで待つ(30代男性)
三井住友銀行カードローンを1年以上使っており、金利を下げたいという理由で増額申請をしました。
使い始めた当初の返済の遅延が印象悪かったようで、正常な取引の期間が短いという理由で却下されました。
増額可能になったらご連絡しますとのことで、それ以降は延滞もしていないので、もう少しの辛抱だと考えています。
対応は丁寧でした。

「三井住友銀行カードローンの増額」の目次に戻る

増額への不安をチャンスに!もっとお得なサービス

三井住友銀行カードローンの増額審査のリスクと、受かるポイントを説明してきたので、最後は

・いま増額審査に受かる自信が持てない人
・とはいえ増額案内まで待っていられない人
・急いで限度額を確保したい人

そんな人たちに向けて、別の借り先を紹介して終わりたいと思います。

場合によっては増額よりもお得にカードローン利用ができるチャンスにもなりますから、いちど検討してみてください。

銀行よりも低金利のJ.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)のロゴ
とにかく圧倒的な低金利で注目を集めている「J.Score(ジェイスコア)」は、新規申し込みを検討する際には欠かせないと思います。

J.Score(ジェイスコア)の融資サービス「AIスコア・レンディング」は、AI技術やさまざまなデータによって算出した「AIスコア」を用いたレンディング。
金利は年0.8%~12.0%、契約極度額は10万円~1,000万円で、メガバンクである三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」よりも低金利です。
アンケートのように質問に答えることでスコアアップを目指せるため、より良い条件での借り入れを目指していくこともできます。

さらに、消費者金融に分類される会社なので最短即日融資も可能ということで、急ぎでお金がを用意したい人にも適したサービスです。
万が一返済が遅れてしまったときにかかる遅延損害金も年12.0%と低く設定されているため、返済忘れ、返済遅れについても三井住友銀行カードローンより安心ですよ。

三井住友銀行ユーザーにメリットが多いプロミス

プロミスのロゴ
三井住友銀行カードローンを利用している人は、三井住友銀行に口座を持っている人も多いはず。
三井住友銀行ユーザーが使いやすいカードローンが「プロミス」です。

三井住友銀行とプロミスは同じグループですから、三井住友銀行カードローンの審査に通っている人ならプロミスの審査にも問題なく通ると考えられます。
しかも、プロミスと三井住友銀行カードローンは返済期日が毎月5日、15日、25日、末日から選べるという点が同じなので、同じ返済日を選択すれば返済日が月2回あるという事態も防ぐことができるでしょう。

そのうえ、三井住友銀行のATMからの借り入れや返済なら、ATM手数料がかかりません。
三井住友銀行の口座を持っていれば、24時間365日、受付から約10秒で振り込みが完了する「瞬フリ」というサービスを利用することができるというメリットもあります。

消費者金融サービスであるプロミスの金利は、三井住友銀行カードローンと比べると高めですが、その代わり「30日間無利息サービス」を受けることができます。
初めての契約・メールアドレス登録・Web明細の利用という条件を満たしていればOK。
急ぎで借りたいけれどすぐに返せるなどというとき、30日以内に返済してしまえば利息が一切かからないため、むしろ三井住友銀行カードローンで増額をするよりもお得に借りられる可能性が高いです。

また、Web完結で申し込むことで

・会社への電話連絡なし
・郵便物なし
・カードレス

という「3つのなし」で利用できるので、消費者金融に抵抗感のある人も、プライバシー面の心配はいりませんよ。

「三井住友銀行カードローンの増額」の目次に戻る


三井住友銀行カードローンを例に、増額について取り上げました。

カードローンを利用していれば、多くの人が増額を希望します。
しかし、増額審査がある以上どうしても、増額ができる人できない人が出てきてしまいます。

増額審査に通れそうな人には、ぜひ挑戦して増額をかなえてほしいと思いますが、その可能性が低い人にまで、増額申請を勧めることはできません。

計画的な利用さえできれば、スピード融資に強い消費者金融カードローンという選択肢も手元に置いておくことは、さまざまなシーンにおいて強みとなります。

今の自分に合った選択ができるよう、慎重な検討をしてもらえればと思います。


※SMBCモビットの即日融資は申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休(年末年始は除く)
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは12/31の18時以降、1/1はネット申込可能ですが審査回答や契約手続きは1/2以降となります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です